インフォメーション

2021-10-20 16:46:00
応援「勝」サンド

最近、カツサンドに「勝」をかけてお買い求め頂くお客様が多くいらっしゃいます。

 

はじめてそれを意識したのは、東北学院大学の先生が甲子園の応援をする時に、と試合の際にお買い求め頂いた時でした。(あの1勝は本当に興奮しました)

 

その後も、出産が近いのでゲンを担いで…ですとか、資格試験を頑張る妻へ…ですとか、今日学校で試験なので…ですとか。

 

そんな大事な時に弊店のカツサンドを選んで頂けることを本当に幸せに思いますし、また、ご購入の理由を私へ話してくださることを、とても有難く思っていました。

 

そして同時にそのような理由でご購入頂く時に、私も何か力になれたらなぁと考えていました。

 

私の出身は福岡。その福岡県には学問の神様として有名な「太宰府天満宮」があります。そのため、受験生は必ずと言っていいほど、太宰府天満宮の合格鉛筆を誰かから貰うのです。(福岡県民はきっと頷いてくれているはず)

それは、親戚だったり、塾の先生だったり、先輩だったり…。「頑張ってね」、「応援してる」の気持ちと共に、実用的かつ縁起を担いでの贈り物なのでしょう。

 

そしてしぶきのサンド亭のある荒町には「戦いの神様・万福寺毘沙門堂」があります。政宗公も戦の前に祈願したという由緒あるお寺で、「勝つ」ということには縁の深い場所です。そこで、先日、ご住職にご相談して、しぶきのサンド亭が「勝つサンド」になれるように特別にご祈祷していただいてきました。

 

コロナ禍の中、それでも頑張ってきた皆様の力になれたら…そんな思いを込めて、験担ぎでお買い上げの方で、ご希望の方には無料で差し上げたいと思っています。

 

ちなみに、鉛筆を包む和紙はしぶきのサンド亭が初出場で2021年度七夕飾り「銅賞」を受賞した七夕飾りに使った吹き流しを利用したものです。

どうぞ、しぶきのサンド亭の「ビギナーズラック」。そのご縁起もお持ち帰り頂けると幸いです。

 

 

応援したい誰かのために、そして、もちろん自分のためにも。

 

 

ほんの少しの応援ですが、もし誰かの背中を支えられたなら、本当に嬉しく思います。

 

 

※鉛筆と折り鶴は完全に店主の手作りの為、数に限りがございます。

吹き流しの和紙はかなりの数量ありますし、足りなくならないように作っておく予定ですが、ご心配な場合は事前にご予約頂けると安心です。どうぞお気軽にご連絡ください。